錠剤

関節痛のサプリメントで病気治療|骨の動きをスムーズにします

関節の痛みを緩和する方法

家族

関節に痛みを感じる病気

散歩や階段の昇降、長時間同じ姿勢でいた後に、膝や肘、手首や指などの関節に痛みを感じることがあっても、大半の人は、これが病気であるとの認識を持ちません。痛みは元より、筋肉のこわばりや腫れを伴った場合、関節に炎症が起こっている可能性があります。関節痛の原因は、関節の老化によるものが多いです。関節と関節を繋ぐクッションの役割を担う軟骨がすり減ってしまうことが原因で炎症が発生し、関節痛を引き起こします。湿布薬などで一時的に良くなったような気がしますが、適切な治療をしないと、外科的療法が必要となってきます。関節痛を未然に防ぐ為には、生活習慣の見直しと関節痛を改善する為にサプリメントを摂取することがおススメです。関節痛に効果の期待できるサプリメントとして、グルコサミンやコンドロイチンがあげられますが、コラーゲンやヒアルロン酸などのサプリメントも有効です。症状に合わせてサプリメントを組み合わせることをおススメします。

毎日気軽にできる予防法

関節痛は、誰にでも起こりうる病気です。日常生活をする上で、階段の昇り降りやしゃがんだり立ち上がったり、正座をしたり、関節を動かす機会がたくさんあります。ですが、そのような基本的な動作に苦痛を感じるようになったら、生活に支障をきたします。そうならないためにも、日ごろからサプリメントで関節痛を引き起こさないように補うことが大切です。関節と関節を繋ぐ軟骨がすり減らないように、コラーゲンやヒアルロン酸のような関節液と同じ成分のサプリメントや軟骨の主成分であるグルコサミンが効果的です。特に、グルコサミンは軟骨のすり減りを防ぐ効果もあり、炎症を抑える効果もあるので関節痛を和らげると注目されています。コンドロイチンには、軟骨の水分を保ち、軟骨の働きを改善して弾力性を向上させる働きをするので、グルコサミンと一緒に摂取することが望ましいです。